TEST

2019年5月14日

山本太郎は「おカネを刷りまくり福祉に回せ」と云っている。
これはアベノミクスと同じ金融政策ではないのか?今の政権でこんなことを主張すれば簡単に利用されてしまう。
元内閣府参与の人物が消費税反対を主張し「赤旗日曜版」のトップ記事に掲載したのは昨年の12月だった、それを理由に事実上職を解かれたとされるが、これがなんと、今年の3月にアベ氏と会食しているではないか!

今の安倍政権は手段を選ばず何でもやってのける。敵を懐柔し「昨日の敵は今日の友」とするのは朝メシ前。

味方を敵のように偽装することもよくやる手だ。

山本太郎は何をしようとしているのか。まず第一には参議院選に生き残ることだろう。大阪12区の補充選挙でも野党共闘候補は度重なる街宣で大量動員に成功していた。ところが結果は惨敗だった。

まして、一人で闘うには、手段を選ばず裏の手も考える必要がある。くれぐれも権力の奸計に引っかからないよう願うのみだ。